業者に回収された不用品はどこにいく?どんな形でリサイクルされているかを解説!

不用品回収業者に回収された不用品は、回収された後どうなるのかと気になったことはないでしょうか。尼崎でも回収された家具や家電などの不用品は持ち帰り、改めて分別が行われています。そこで再利用できるもの、廃棄するものなどに仕分けされることになるのです。今回は不用品回収の業者に回収されたものが回収後どこにいくのか、どう再利用されているのかについてチェックしておきましょう。

再利用できる場合①リサイクル店で販売される

不用品回収業者に回収された不用品のうち、およそ8割がリサイクル・再利用され、残りの2割は一般廃棄物として廃棄されることとなります。再利用できる場合で最も多いのがリサイクルショップでの販売です。回収した家具や家電などの不用品の中には、まだ使えるものも多くあるため、不用品回収業者としてもまだ使えて需要があるものであれば売ってお金に換えようと思うのは当然でしょう。それが不用品回収業者にとって、利益を得るための手段となるからです。また、回収した家電の中には壊れてしまっているものもありますが、修理すればまだまだ使えるという場合は修理してリサイクルショップで販売されます。

再利用できる場合②海外で販売&リメイクして再利用する

回収した不用品が再利用できる場合、リサイクルショップで販売するというのが主流ですが中には国内でリサイクルするのは難しいというものもあります。しかし、海外でならリサイクルできるというものは輸出して海外で販売されるケースもあるのです。特にアジア圏では、日本から運ばれてきたこうした不用品が“ユーズドジャパン”という一種のブランドとなり人気となっています。また、家具などはリメイクして新たな価値を生み出し、再利用するというケースも。こうして再利用されることなく廃棄してしまう不用品をできるだけ減らし、環境に配慮するということも不用品回収業者の大事な役割となっています。

再利用できない不用品は一般廃棄物として処分される

不用品回収業者に回収された不用品はすべて廃棄されると思われている方がいらっしゃるかもしれませんが、そうではありません。国内でも海外でもリサイクルできない、修理してリメイクするのも不可能という不用品が最終手段として一般廃棄物で処分されることになります。回収された不用品のうち、およそ8割はリサイクルやリメイクして再利用されているのです。現代の日本は豊かになり、不用品はすぐに処分してしまうという人が増えています。再利用できるものはリサイクルやリメイクして使うという考え方も必要ではないでしょうか。尼崎でそれでも不用品の処分が必要になったときは、「2EZ」までご連絡ください。尼崎の不用品回収のプロ「2EZ」は女性スタッフも在籍しております。一人暮らしの女性のかたも安心してご相談いただけます。