産業廃棄物の処理はどうすればいい?不用品回収業者に頼んでも問題ないか

尼崎で家具や家電などを処分する場合、ゴミとして廃棄するか不用品回収の業者に処分してもらうか迷いますよね。基本的には、その廃棄物がどこから出たのかによって扱いは変わってきます。家庭から出た場合は粗大ゴミとして処分できますが、その廃棄物が事業活動で出た場合、種類によっては産業廃棄物として処理しなければなりません。業者に頼む前に産業廃棄物処理の流れなどを確認しておきましょう。

産業廃棄物は不用品回収業者によって回収できるか変わる

廃棄物には、一般廃棄物と産業廃棄物があります。不用品回収を依頼する場合、当該不用品が一般廃棄物と産業廃棄物のいずれに当たるのかによって回収業者を選ばなければいけません。その理由としては処理するための許可が異なるからです。一般廃棄物を回収する業者は一般廃棄物収集運搬業許可を取得しています。一方、産業廃棄物を回収する業者は産業廃棄物収集運搬業許可を取得しているのです。つまり処理しようとしている不用品が産業廃棄物に当たる場合、産業廃棄物収集運搬業許可を取得している回収業者に依頼しなければ処理できないということとなります。そのため、その不用品回収業者がその収集運搬業許可を取得しているかどうかを事前に確認しておくことが大切です。

そもそも産業廃棄物とは?一般廃棄物との違い

日本では法律上、廃棄物を大きく2つに分類しています。それが産業廃棄物と一般廃棄物です。産業廃棄物とは事業活動から出たゴミのうち、廃棄物処理法で定められた20種類のゴミと定義されています。反対に一般廃棄物の定義としては産業廃棄物以外のゴミとなり、その中でさらに家庭系と事業系に分けられているのです。そして一般廃棄物でも家庭系の一般廃棄物は原則市町村が回収を行いますが、事業系の一般廃棄物の場合は原則ゴミを出した事業者が処理しています。これは産業廃棄物にも当てはまるため、産業廃棄物は事業者が処理業者に自分で依頼して処分してもらわなければいけません。

一般的な産業廃棄物処理の流れ

一般的な産業廃棄物をどのように処理をするのかと言うと、まず業者に回収してもらう前に排出事業者が産業廃棄物の種類ごとに処理しやすいよう分別しておきます。そうして業者に回収してもらった産業廃棄物は中間処理場に運ばれ、大きな産業廃棄物は小さくし、有害な産業廃棄物は無害化するための処理が行われることになるのです。そして中間処理が施されたあとに残った産業廃棄物が最終処分場へと運ばれていきます。最終処分場では、最終的に産業廃棄物を処分するため土の中に埋めたり、海に投入したりするなどして、環境に配慮した上で自然に戻すことになるのです。産業廃棄物はこのような流れで処理されています。尼崎で産業廃棄物の処理で困ったときは、お気軽に2EZにご連絡ください!