仏壇や神棚の遺品整理は要注意!継承方法と処分方法

遺品の中に仏壇や神棚がある場合、正しい継承方法と処分方法を実践しなくてはなりません。処分する場合には、処分前に魂・お性根を抜く法要が必要となります。処分方法に不安がある場合は、専門の業者に依頼するのもひとつの手です。

仏壇や神棚の継承と相続

仏壇や神棚は祭祀財産と呼ばれており、通常の遺品である貴重品などとは切り離して考えられます。法律でも遺産相続人と祭祀財産継承者は分けられており、仏壇や神棚を引き継いだ人には法要や供養をおこなう義務が生じます。多くの場合、遺産相続人と祭祀財産継承者は同じになるので、仏壇を継承するか処分するか悩む人は多いでしょう。仏壇を処分するかどうかは継承者が判断できます。現代は核家族化が進んでいるので、遺品整理と合わせて仏壇や神棚を処分するケースが少なくありません。処分方法としては、仏具店へ引き取りを依頼する、菩提寺に相談する、自治体の粗大ごみに出す、不用品回収業者に依頼するなどが挙げられますが、処分前に魂・お性根を抜く供養をおこなう必要があります。

仏壇や神棚から魂・お性根を抜く方法

仏壇や神棚には先祖と仏様の魂が宿っていると考えられているため、処分する前に魂を抜く供養が必要です。魂・お性根を抜く方法は2つあり、ひとつ目はお坊さんに依頼して読経してもらう方法が挙げられます。法要にかかる費用は3万円から5万円程度です。遺品整理中であることをあらかじめ伝えておき、法要をお願いしましょう。ふたつ目は仏壇の供養整理業者に来てもらう方法です。魂・お性根を抜くことに変わりはありませんが、お坊さんではなく専門業者の供養所などで法要がおこなわれるという違いがあります。先に部屋から仏壇や神棚を搬出してから法要をおこなうので、部屋の散らかり具合を気にせずに済む点がメリットと言えるでしょう。

儀式後は自治体のルールに沿って処分

お坊さんに法要を依頼した場合、儀式を終えた後、自治体のルールに沿って処分をおこないます。粗大ごみとして引き取ってもらえる場合が多いですが、確認も合わせて事前に自治体へ相談しておくと安心です。仏壇や神棚の供養整理業者に依頼している場合は、供養後にそのまま処分してもらうことができます。重たい仏壇を自分で運び出す必要がないため、体力に不安がある場合は業者へ依頼するとよいでしょう。尼崎市で仏壇や神棚の処分に悩んでいる方は2EZへお問い合わせください。尼崎市の2EZでは家具や家電の不用品回収と合わせて遺品整理をおこなっております。オプションで遺品供養を設けており、仏壇や神棚の供養をした後には供養証明書をお送りしています。