尼崎市のごみの分別方法と捨ててはいけないもの一覧

尼崎市は人口が多い地域であるため、効率のよい回収をするべく各ごみの分類が決められています。しかし、全てのごみを回収できるわけではありません。どんなものはどういうときに捨てればいいのか、市で回収していないごみにはどんなものがあるかを事前に確認しておきましょう。

尼崎市のごみの分別方法

尼崎市では家庭から日常的に出るごみを「燃やすごみ」「衣類・紙類」「びん・缶・ペットボトル」「金属製小型ごみ/危険なもの」の4種類に分別して回収しています。ただし、サイズなどによっては金属製のごみでも「大型ごみ」に分類されることもあります。
なお、お店や事業所から出るごみは「産業廃棄物」あるいは「事業系一般廃棄物」とされ、処理を依頼する場合は市の処理施設へ持ち込むか、産業廃棄物処理業者に回収を依頼することになります。
迷ったときには尼崎市のホームページに掲載されている「尼崎市家庭ごみべんりちょう」で確認するのがおすすめです。ごみべんりちょうは住民登録手続きの際に窓口で配布している他、PDFファイルでダウンロードすることができます。また、スマートフォン向けに配信されている「ごみ分別アプリ」もあるので、あわせて利用すると収集日を確認しやすくなります。

尼崎市で捨ててはいけないもの一覧

尼崎市ではさまざまな種類・大きさのごみを回収していますが、「捨ててはいけないもの」もあります。基本的にリサイクル品に該当するものは市では収集していません。
代表的なのは家電リサイクル法対象品目であるエアコンとテレビ、冷蔵庫、そして洗濯機・衣類乾燥機です。これらの家電は販売店に引き取りを依頼します。
使わなくなったパソコンは「資源有効利用促進法」が適用されるので、パソコンメーカーまたはパソコン3R推進協会に回収を依頼しなければなりません。PCリサイクルマークが付いているパソコンであれば無償で回収してくれます。
これ以外に、オートバイやガラス繊維強化プラスチックを材料としたモーターボートや漁船なども、指定されたリサイクルセンターが回収します。

捨てられないものは不用品回収へ

自治体で回収してくれないごみ、あるいはどこに分別したらいいのかわからないごみがたくさんある場合には不用品回収の専門業者に相談してみるといいでしょう。
まだ使える家具を捨てる場合なども、「大型ごみ」として市に回収してもらおうとすると重量に応じて300円から1,800円の料金がかかりますし、そもそもリサイクル品が含まれていれば別に手続きをしなければなりません。
不用品回収業者であれば、リサイクルや粗大ごみなどの種類にかかわらず、まとめて引き取ることが可能です。尼崎市でごみ処理にお困りなら2EZをご利用ください。