尼崎市の一般・産業廃棄物の受け入れ基準とは

一般家庭から出るごみとは別に、お店や事業所から出るごみは「廃棄物」として回収されます。尼崎市では廃棄物も受け入れています。市では収集運搬は行なっていませんが、市のクリーンセンターに搬入すれば処理することが可能です。ただし、産業廃棄物は種類が細かく分類されているため、事前に受け入れ基準を確認しておきましょう。

尼崎市の一般廃棄物の受け入れ基準

お店や工場、会社あるいは教育施設などから出る廃棄物の中でも、廃棄物処理法で定められている20種類の産業廃棄物を除いたものが「一般廃棄物」です。
具体的には、割り箸や剪定した枝などの木くず、紙くず(リサイクルすることのできない紙類)、衣類や雑巾などの繊維くずなどが一般廃棄物に該当します。また飲食店や病院、社会福祉施設などから出る動植物性残さ(食べ残しや売れ残った食品など)も一般廃棄物に属します。
一般廃棄物をクリーンセンターに持ち込む際には尼崎市指定の家庭用ごみ袋は使うことはできません。袋に入れる場合には透明または半透明の素材で、中身が確認できるものを使用します。ただし、市の家庭ごみ収集場所に出すことはできないため、市の処理施設(クリーンセンター)に搬入しましょう。

尼崎市の産業廃棄物の受け入れ基準

産業廃棄物は全部で20種類に分類されていますが、中には一般廃棄物か産業廃棄物か判断がしにくいものもあります。その場合は、尼崎市の市役所へ確認し、その物品の受け入れ基準を確認することをおすすめします。
産業廃棄物の中でも主なものは、石炭がらや廃活性炭などといった燃え殻、汚泥、廃油などです。また工場から出る廃酸(廃硫酸や廃塩酸など)・廃プラスチック類(フィルムシートやポリひもなど)・廃苛性ソ-ダ液・写真現像廃液などといった廃アルカリも産業廃棄物として多く出る物品です。
なお、一般廃棄物としても分類されている木くず、紙くず、繊維くず、動植物性残さなども、業種によっては産業廃棄物としての扱いを受けるため、迷った場合はやはり市役所へ確認しましょう。


不用品回収でも廃棄物を捨てられる場合もある

一般廃棄物・産業廃棄物は市のクリーンセンターに搬入することもできますが、車両が用意できず自力での搬入が難しい場合は、不用品回収業者に廃棄物の回収を依頼するという方法もあります。
また、事業所の引っ越しなどに伴って、廃棄物の他に家具や家電も捨てなければならないようなケースでは、廃棄物だけでなく粗大ゴミやリサイクルなど各種の面倒な手続きを行わなくてはなりません。その点、不用品回収業者に任せれば、まとめて回収を依頼することが可能です。
尼崎市の2EZでは廃棄物処理のご相談もお受けしております。無料でお見積りいたしますので、お気軽にご相談ください。