離れて暮らしていた故人の遺品整理は不用品回収を利用しましょう

離れて暮らしていた故人の遺品整理では、貴重品がどこに保管してあるかがわからないため遺品整理がなかなか進まず片付けに時間がかかってしまうことも少なくありません。見つけておくべき貴重品は数が多いので、見つけ出せるか不安な場合は、遺品整理を行っている不用品回収業者への依頼が便利です。

貴重品の場所が分からないという悩みはあるある

貴重品の場所が分からないという悩みは、遺品整理でよく見られるものです。例えば、通帳を見つけることができないと、引き落としの停止手続きができません。土地の権利書や不動産関係の書類もないと、相続や売却自に困ってしまいます。そのため、これらの貴重品を探し出す必要があるのです。

貴重品が隠されている場所としては、一般的にリビング・寝室・書斎が挙げられます。家電の下や引き出しの中にしまっていたりするので確認してみましょう。タンスの中や仏壇の引き出しに保管されている場合もあります。故人がよく滞在していた部屋に貴重品がある割合が高いため、書斎にいる時間が多かったのであれば書斎を重点的に探してみてください。

貸金庫などにまとめて保管しているケースもあるため、普段支払いなどで利用していた銀行に確認してみるのもおすすめです。

見つけておきたい貴重品とは

遺品整理の際に見つけておきたい貴重品として、通帳・年金手帳・印鑑が挙げられます。他にも土地の権利書・保険に関する書類・カード類・各種契約書・貴金属などはなるべく探し出したほうがよいでしょう。

なお、保険には生命保険や自動車保険、火災保険などさまざまなものがあります。各種契約書についても公共料金・賃貸契約書・携帯電話・ネット回線・クレジットカード・ローンの契約書などがあるので整理をするときに契約書が揃っているかよく確認しましょう。

貴重品と思われる書類などを見つけたらいったん保存しておき、後で整理することをおすすめします。書類を見つけるたびに整理していると、数が多すぎる場合に遺品整理が進まなくなる恐れがあります。

貴重品探索サービスもある不用品回収業者が安心

遺品の数が多すぎて整理が中々進まない場合や貴重品を見つけられない場合は、貴重品探索サービスもある不用品回収業者へ遺品整理を依頼すると便利です。遺品整理のプロなので故人が貴重品を隠しやすい場所についても把握しており、貴重品の発見・整理がスムーズに進められるのです。

ただし信頼できる業者を見極めて依頼しなくてはなりません。悪徳業者の場合、貴金属などの貴重品を勝手に持ち出してしまうことが考えられるためです。遺品整理士の資格を所有していて遺品整理の実績が豊富な業者なら、安心して任せることができるでしょう。

遺品整理をスムーズに行うなら尼崎市の2EZへお任せください。尼崎市で家具などの不用品回収と合わせて遺品整理をおこなっております。